カートをみる マイページ・ログイン|ショップ会員新規登録 ショップご利用案内 お問い合せ(CD購入)
RSS
 

アセンションへのエクササイズ

本書は、アクアヴィジョン・オリジナル・ヘミシンクCDである「胎児退行体験」「地球と宇宙をハートで結ぶ」の内容や聴き方を詳しく解説したものです。

この2つのCDは、アセンションを促すために開発されました。
本書では、アセンションとは何か、アセンションのためには何をすべきかについて説明したあと、2つのCDの聴き方を解説しています。
また、ナレーションの台本原稿をすべて載せていますので、より理解が深まります。さらに、オールカラーで、美しい写真がたくさん載っています。きっとあなたのイマジネーションを豊かにしてくれることでしょう。
なお、ヘミシンクが初めての方のために、モンロー研究所やヘミシンクについての基礎知識のほか、ヘミシンクCDの聴き方、注意事項なども簡単にまとめてあります。
2つのCDをすでにお持ちの方も、これから購入される方も、本書をガイドブックとして、ぜひご活用ください。

本書は、アクアヴィジョン・ブックスの創刊号で、ヘミシンク誘導瞑想シリーズの一号目です。アクアヴィジョン・ブックスでは、これから、シングル・タイトルやアルバム・シリーズなど、ナレーション入りのヘミシンクCDの解説書を、まずは手がけていく予定です。

著 者:坂本政道  制作協力:小島ゆかり  編集協力:芝根秀和
発売日:2012/8/27  小冊子:52ページ(オールカラー)
企画・発行:アクアヴィジョン・ブックス

アセンションへのエクササイズ

価格:

1,080円 (税込)

[ポイント還元 54ポイント〜]
購入数:

在庫

返品期限・条件 返品・交換について


【はじめに】より抜粋
 意識がひとつ上の段階へ進むことをアセンションといいますが、人類は今その段階にさしかかったと言われています。ただ何もせずにいてアセンションするものではありません。自ら意図して促してゆくことが大切です。
 アセンションのためには、自分の意識の奥深く、潜在意識の中に隠れている傷や悲しみ、苦しみを癒し、浄化することがとても重要です。そうすることで、それらが生み出す古い信念や価値観から自由になり、より身軽で気軽な生き方ができるようになるのです。
 癒すための方法はいくつかありますが、ここでは二つの方法を用います。
 ひとつは「胎児退行体験」で使われている方法で、胎児の段階へ戻り、胎内で感じていた母親の無償の愛を再体験するというもの。母の愛はすべてを包み込み、無条件に癒してくれます。その中につかるだけで、ゆったりとした気持ちになり、何もかもが許され、受け入れられます。
 もうひとつは「地球と宇宙をハートで結ぶ」で使われている方法で、宇宙と地球の生命エネルギーによって癒されるというもの。宇宙も地球も生命エネルギーの無限の宝庫です。生命エネルギーは文字どおり命の元であり、愛情と生命力にあふれています。宇宙や地球につながり生命エネルギーに満たされることで、癒されます。

坂本政道

【目次】
ヘミシンクとは
  モンロー研究所とヘミシンク/ヘミシンクの原理/ヘミシンクの安全性
ヘミシンクのエクササイズ
  ヘミシンクCDを聴くための準備/エクササイズのコツ/エクササイズを始める前に/重要な注意事項
アセンションのために
  アセンションとは/アセンションへの道/浄化と解放の方法/ガイドとのつながり/
  日々の生活の中での気づき
exercise 1 胎児退行体験
  使用するヘミシンクCD/エクササイズの目的と効果/エクササイズの流れ/ポイント
exercise 2 地球と宇宙をハートで結ぶ
  使用するヘミシンクCD/エクササイズの目的と効果/チャクラとエネルギーライン/地球コアとは/
  エクササイズの流れ/ポイント
CD制作者からのメッセージ

【アクアヴィジョン・ブックス創刊にあたって】
 情報発信の方法が多様化する現代において、デジタル情報だけでなく、紙媒体を通した発信も自由度が増し、少部数でも採算がとれる方法が出てきました。
 そこで、アクアヴィジョン・アカデミーでは、従来の出版形態では採算上発行がかなわなかった書籍を発行するために、アクアヴィジョン・ブックスを創刊することにしました。
 ヘミシンクCDにはナレーションに従って想像してゆくもの(誘導瞑想)が何枚も市販されています。ところが、内容を詳しく説明した解説書はそれだけではページ数が足りないなどの理由で、これまで出版されてきませんでした。
 アクアヴィジョン・ブックスは「ヘミシンク誘導瞑想シリーズ」として、そういった解説書をまず手がけていきたいと思っています。
 さらに、一般の出版社が絶対に二の足を踏むと思われる、ダジャレを集めた本も、いずれは出したいと思います。

2012年8月
坂本政道

ページトップへ